パパさんの記事への意見
「2ちゃんねる から子供たちを守ろう!」のパパさん他アンチ2ちゃんねるの記事への意見です  リンクフリーです コメント・TBは承認後表示されます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)

書きかけていた某チェーンメールについての記事は、私がぐずぐずしている間に賞味期限を過ぎてしまったので、ボツということにさせていただきます。

でも、一応、要約しておくと、アンチか2ちゃんねらーか判断できない方が出したチェーンメールを、アンチの方々は2ちゃんねらーの行動と勝手に認定して叩いているわけです。でも、その後に書かれたコメントが本人のものだとすれば、私にはアンチ側の方にしか見えないですけどね。

この例からも判るように、彼らは「自分達が気に入らない」または「少しでも怪しい」アンチ活動は全部「2ちゃんねらーによる印象操作」だと断言されます。もちろん、それが当たっている場合もあるでしょうが、外れている場合も当然あるはずです。

その場合、正直な気持ちで行ったアンチ活動に対して、濡れ衣を着せられて批判された相手の方はどう思うのでしょう。疑うのも仕方ないという部分もあるかもしれませんが、それを口に出すことは、相手を傷つける、配慮を欠いた行為にしか見えません。アンチ活動家の方々は賛同者を増やしたいはずなのに、こういうことをしていては逆に賛同者は減るのではないでしょうか?

そういう意味では、かつてのパパさんのブログは非常に上手くできていました。コメントコーナーで怪しい発言があっても、パパさん本人は無反応ですが、他の誰かが現れてそれを批判する。それによって、パパさんのイメージが悪くなることもないわけです。

そのパパさんが更新を止められてからも、パパさんに賛同する多くの方々の熱心な1日1クリックによって、ずっとランキング上位をキープし続けておられるものと思っていました。そう、ポイントが激減をするまでは。そして、その激減から一ヶ月以上経ちました。

現在の状況で、前回の記事に書いた、月間INを週間INで割った結果を見てみると、予想通り正常な値(4~5ぐらい)になっています。ということは、激減後の一ヶ月過ぎても、大きく増加も大きく減少もなく、ほぼ一定のポイントで推移しているということになります。

しかも、その値は、激減以前の「数ヶ月更新していないブログ」としては考えられない程の高いポイントとは打って変わって、かなり納得できるポイント数(1日に十数回のクリック)に落ち着いています。

弱者さんは、コメント欄で「ランキング正常化」のためには「本人がランキング管理に働きかけなければどうしようもありません」と書かれています。これを見ると、弱者さんはこの激減を「違反によるポイント減額措置」だと思われているようですね。ですが、その可能性はとても低いと思います。

というのは、「違反によるポイント停止措置」なら過去のパパさんの例を含め多くの実例がありますが、「減額」は聞いたことがありません。また、「停止」ならクリックして変化を見ることで読者にも容易に判断できますが、「減額」されていても簡単には判断できないので、それによる「見せしめ効果」も期待できません。

また、それが「違反」によるものなら、その措置が実行される前にパパさんへ警告メールが届くはずですよね?いくら、パパさんがお忙しくても、その警告メールを読んでさえいれば、「違反」に該当する部分を直すぐらいはものの数分でできるはずです。最も判りやすい例を挙げると、某曲の歌詞の「無断掲載」は完全にアウトでしょうね。

ところで、このブログの今後について、少し書きます。私がこのブログを開いた動機は、パパさんの突っ込みどころ満載の記事に対して、賛同者の方の数が多過ぎると感じたからです。そして、彼らがすでにマインドコントロールされているのでなければ、私の記事によって、パパさんのおかしな点に気付いてくれる人が少しでも増えるかもしれないと思ったからです。

ですが、激減したパパさんのポイントが正しいと思える今となっては、パパさんに対して上記の動機はもはや湧きません。一方、現時点で最も活動的なアンチブロガーである弱者さんの活動は、賛同者を増やすというよりも、近づく者は敵味方関係なく傷つける「バーサク状態」にしか見えないし、ポイントの方も仲間内でクリックしている程度なので、上記の動機は最初から持てません。

ということで、ここを「弱者さんの記事への意見」とかに変えるつもりは全くありません。ですが、それは決して、弱者さんやアイコさんたちが書かれたことに対して一切反応しないという意味ではありません。そのことは、この記事ですでに反応していることからもお判りになりますよね?

それと、ブログの名前ですが、このブログのように多少最初の内容とずれてくる部分が多くなったとしても、安易に変えるべきではないと思うので、このままでいきます。まあ、変えたところで、何のメリットもないでしょう。

それ以前に、このような何の得にもならない活動をずっと続けていくつもりもありません。すでに、思いっきり飽きていることは、更新頻度の低さから判るでしょう。最近では、アンチの方々のいつものボケに慣れっこになってしまい、突っ込みを入れるのもバカらしく思えるようになりました。



《 丁度一ヶ月前と同じことを再度お聞きします 》
現在のパパさんのランキングこそ正常と思う方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー

スポンサーサイト
初めてこちらにコメントさせて頂きます
管理人様、初めまして。

私は、2ちゃんねるに対して、肯定するべきか、否定するべきか、どちらか一つを選ばなければならない、といった事が仮に求められた場合、まだ否定側にいる人間です。

ただそう言いながら、自分が欲しい情報がある時に、少しだけ2ちゃんねるに足を運んでしまう人間でもあります。

自分が感じている事はたくさんあるのですが、ここでは絞って、
◆結局我々はずっと、2ちゃんねるが必要なのか?
◆2ちゃんねるの存在によって強調されてきた、強者と弱者の存在、強者はずっと強者で、弱者はずっと弱者でしかないのか?
という二つがあります。

そして上記二つに自分が共通項として感じている事に、通称パパさんといわれるお方、そしてこちらのブログを書かれている管理人様、さらには2ちゃんねるの管理人のお方や専属的に運営をされているお方、そういった方々は皆、2ちゃんねるというものの見識に対してはもはや「強者」であり、極論を言えば、2ちゃんねるはその方々の人生にとって、もはや必要と言えるものでは無くなっているのではないか、という事があるのです。

そして一方で、「弱者」と称されてしまう方々は、ずっと「弱者」としてしか見なされず、だから2ちゃんねるが必要になってしまうのか、そして本人が望みもしていないのに、弱者であり続けるしかないのか、といった事もあるのです。


今は一旦ここで書くのは終わりにして、とにかく自分は大して全体像も分からずに一方的にコメントしているので、自分の言っている事に仮に何か管理人様が引っ掛かる事があった場合にのみ、コメントをくださると幸いです。

あと、自分はいずれにせよ、よほどの作為的行為が無い限り、こちらのブログが好き、あちらのブログが嫌い、といった思いは生じてこないので、こちらのブログの管理人様、確かに経済的な得は大して無いのかもしれないですが、一方で損をしている事も、何一つ無いと思います。

とにかくそういう意味で、感謝の気持ちが生まれてきます。


また、最近は他にも、2ちゃんねるの管理人様は、2ちゃんねるという存在において、最も重要な人物なのか、そしてご本人も、2ちゃんねるが自分にとって、最も大事な存在であるのか、そんな単純な問いも生じてきています。


何かと勉強になり、ネット初心者の自分としては大変助かっております。

今回はここで失礼したいと思います。
ありがとうございました。

【2007/08/03 04:38】 URL | 4126 #C9QeJcm.[ 編集]
4126さんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

>私は、2ちゃんねるに対して、肯定するべきか、否定するべきか、
>どちらか一つを選ばなければならない、
>といった事が仮に求められた場合、まだ否定側にいる人間です。

事実を正しく捉えた上でそう思われるのであれば、どう判断しようとその人の自由でしょう。
ただ、その判断はあくまでもデジタル的に「0か1かのどちらかを選ばなければならない場合」ということですので、アナログ的には、肯定すべき点もあるけど否定すべき点がより勝っているということなのでしょうね。

>ただそう言いながら、自分が欲しい情報がある時に、
>少しだけ2ちゃんねるに足を運んでしまう人間でもあります。

アンチ活動家の方々は、このような「本音」は決して書かないですね。
多分、「本音」を書けば、「自分は使っているものを、他人には使うなというのはおかしい」という疑問を持つ方が出てくるだろうし、「敵」からもその点を突っ込まれるからでしょう。
ですが、このような点も、私がアンチ活動家の方々が書かれた記事に「胡散臭さ」を感じる大きな要因の1つだと思います。

「ファイル共有ソフト」についても全く同じです。
口では批判しながらも、アンチ活動家の中にも使っている方は確実にいます。
アンチの誰かが使っていることは弱者さんのコメントに書かれていたし、弱者さん御本人だって「自分は使っていない」とは書いていません。
単に、「こうすれば暴露ウイルスの被害を受けない」という「回避方法」が書かれているだけです。
これなどは、取りようによっては、「ファイル共有ソフト」の使用を推奨しているようにも見えますね。

>◆結局我々はずっと、2ちゃんねるが必要なのか?

これ、「2ちゃんねる」ではなく「インターネット」の方がしっくり来るのではないでしょうか?
「インターネット」であれば、現在、それに変わるメディアは存在しないので「必要」です。
私の仕事も発注は全て「インターネット」経由なので、なくなると仕事になりません。
ところが、それが「2ちゃんねる」なら話は別です。
もしも閉鎖されることになっても、すぐに変わりができることでしょう。
ひょっとしたら、それは、通常の掲示板ではなく、「P2P掲示板」になるかもしれません。

>◆2ちゃんねるの存在によって強調されてきた、強者と弱者の存在、
>強者はずっと強者で、弱者はずっと弱者でしかないのか?

>そういった方々は皆、2ちゃんねるというものの見識に対してはもはや「強者」であり、
>極論を言えば、2ちゃんねるはその方々の人生にとって、
>もはや必要と言えるものでは無くなっているのではないか、という事があるのです。
>
>そして一方で、「弱者」と称されてしまう方々は、ずっと「弱者」としてしか見なされず、
>だから2ちゃんねるが必要になってしまうのか、そして本人が望みもしていないのに、
>弱者であり続けるしかないのか、といった事もあるのです。

正直、何が仰りたいのか、読解力の乏しい私にはさっぱり理解できません。
私も含むその「強者」にとって必要ではなく、「弱者」にとって必要だという理由が判りません。
どちらかというと逆なら理解できます。
「強者」は2ちゃんねるを使いこなす術を知っているので、「強者」にはより必要性がある。
しかも、「強者」だからといって、2ちゃんねる上の情報を全て知っている訳はないのです。
一方、「弱者」はどうやって目的の情報を探すか知らないので、「弱者」には必要性はない。

ただ、ここでいう「必要性がある」とは、なくなると非常に不便だという程度です。
万一、googleがなくなると非常に不便ですが、他の検索エンジンが生きていればとりあえず検索はできるわけです。
そして、極論を言えば、「インターネット」や「パソコン」や「携帯電話」でさえも、「人生にとって必要」かと問われれば「必要ではない」ということになるでしょう。

>何かと勉強になり、ネット初心者の自分としては大変助かっております。
>
>今回はここで失礼したいと思います。
>ありがとうございました。

こちらこそ、どうもありがとうございました。
また何かありましたらよろしくお願いします。
【2007/08/06 03:13】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]
ご返答して頂きありがとうございました
管理人様、ご返答をして頂き、ありがとうございます。

今の時点ではまだ混乱しているので、もう一度コメントをする事が出来るかどうかは未定なのですが、今はとりあえず、管理人様がご返答して頂いた、「強者」と「弱者」のあり方について、非常に勉強になっております。

またその辺りから、言葉がまとまれば、コメントさせて頂きたいと思います。


しかし本当にネットの世界というのは、難しい部分がありますね(笑)。

人が作ったものなのに、人ひとりの存在を軽く超えてしまうような恐さがどうしてもありますよね。


今またあまり書き過ぎてしまっては、管理人様にコメントを求めているようになってしまいかねないので、今回はここで失礼したいと思います。

改めて、ご返答をして頂き、ありがとうございました。

【2007/08/06 10:23】 URL | 4126 #C9QeJcm.[ 編集]
4126さんへ
再度のコメントありがとうございます。

>しかし本当にネットの世界というのは、難しい部分がありますね(笑)。

ネットそのものに悪意はありませんが、要するに使う人次第ということでしょう。
使い方によっては非常に便利なツールにもなるし、誹謗中傷の道具にもなります。
ただ、どんなものでもそういう面はあると思います。
携帯電話も非常に便利なツールなのですが、振り込め詐欺など犯罪の道具にもなります。
それを、悪い面しか見ようとせずに「悪のツール」だと言い切る方々がいるわけです。

>今またあまり書き過ぎてしまっては、
>管理人様にコメントを求めているようになってしまいかねないので、
>今回はここで失礼したいと思います。

私も、「返事を書かなければならない」という義務は持ちあわせておりません。
ですから、「返事を求めている」ように見えても時には無視するかもしれません。
つまり、「そんなことは気にせずに気軽に書いてね」ってことです。
【2007/08/10 20:22】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

暇な現代人さんも言っておられましたが、ブログに自分のことを事細かく書いて写真までのせて、2chで言われるというパターンがはやってますね。
またそれをよく知らない第3者が「2chが勝手に調べて写真を撮った」などと誤解してたりして2chに書いてる人に失礼この上ないですね。
私はよく知らないのですがアンチで目立っているGIGARAVEさん?が弱者さんに嫌われたらしいですね。
弱者さんは自分以外は信じないので警戒して当然でしょう。
というより、ネット内で現生活のように知り合った人と親しくすること自体間違いなんじゃないでしょうか。
出会いもそうですよね。
前に親の知人の出会い不倫オヤジのことを書きましたが、7年前京都で会ったというK○e○eというHNの女性などは隠しカメラでしっかり撮られていて、画像投稿サイトに載せていたようです。
裸の写真を送ってきた出会い女の写真も投稿されていたようです。
ネットで友達や恋人を作ろうなんて考えが甘いんですよ。
表面はいい人に見せることくらいできますから騙すのなんか簡単です。
弱者さんの警戒心というのもこういう感覚ですよ。
パパさんや弱者さんのブログを読んだのならこんなこと位理解していないと・・・。
それに2chを読んでいてもネットの危険性についていろいろ教えてくれますよ。
ネットだけではなく現生活での危険についても教えてもらっています。
私は世間知らずなので最近ありがたく感じてます。
結局、近所のオバちゃんに変な噂をされないように正しく生きることが一番なんですよね。
【2007/08/23 17:28】 URL | Merlin #-[ 編集]
初めまして。
私は2ちゃんねらーではありませんが、ある日ふらふらとネットの海を彷徨っていたらパパさんのブログに辿り着きました。
パパさんの記事の2ちゃんねるとは関係ないとある部分に酷く嫌悪感を抱き、また傷つき、パパさんにコメント欄で質問状を出そうか迷い、子供達を守る活動をしている人に嫌悪感を抱く自分が間違っているのではないかとまた迷い、迷った末にパパさん達の活動に批判している方はいないのかと検索をかけてこちらに辿り着いて記事を読んで、とても安心しました。
パパさんのブログのコメント欄のあの極端なまでの閉鎖性、子供をダシにしている卑怯なところ、都合の悪い情報はすべて遮断するところ、酷いきめつけや読んでいる人間を誘導・洗脳するような記事、それら全てが嫌でたまりません。

久々にAICOさんのブログを見たら、相変わらずのレベルの低い悪口言い放題噛みつき放題に呆れました。
http://arvel7aico.btblog.jp/cm/kulSc100z46C5C419/1/
炎上ブログの被害者にまで攻撃の手を………ブログが炎上して火消しの為に仕方なく謝ったらそれはアンチにとっては「悪」なのですね……本当はアンチこそが救いの手を差し伸べるべき被害者であるはずなのに………。
この件はAICOさんの異常性が良く現れている一件だと思います。
そしてさり気無くオタク叩き攻殻叩きになっているように思えるのは私の気にし過ぎなのでしょうか……??攻殻面白いのになぁ……STAND ALONE COMPLEXシリーズとか。
【2007/08/25 18:58】 URL | もぐら #ZOUoFdec[ 編集]
Merlinさんへ
いつもコメントありがとうございます。

>ブログに自分のことを事細かく書いて写真までのせて、
>2chで言われるというパターンがはやってますね。

いい加減、個人を特定される情報をネット上に書くことの危険性に気付くべきですね。
個人情報の漏洩が大きな問題となっているのに、自ら公開してどうするのということです。
もちろん、晒し行為を正当化するつもりはありませんが、個人を特定する情報がなければ晒し行為もなかったはずです。

>アンチで目立っているGIGARAVEさん?が弱者さんに嫌われたらしいですね。
>弱者さんは自分以外は信じないので警戒して当然でしょう。

正直申しまして、あの内容でしたら嫌われても仕方ないでしょうね。
比較的まともなことを書かれていた○○○さんのブログも、弱者さんに批判されてすぐに閉鎖してしまいました。
「ブログを潰した」とまでは言いませんが、閉鎖の最大の理由が弱者さんのコメントであることは誰の目にも明らかでしょう。
コメントには誰ということは書いてませんが、両方のブログを読んでいれば判りますよね?

でも、アンチブログを作るのに、いちいち弱者さんにお伺いをたてる必要はどこにあるのでしょうね。
そもそも、弱者さんや彼に認められリンクされているアンチ活動家の方々が今までなさってきた活動は「正しい」ものだと誰が決めたのでしょう?
彼らは「被害者の為」と言いますが、それは本当に「被害者の為」になっているでしょうか?
そして、その活動で今までにどういった「実績」や「結果」を生み出したのでしょうか?

>ネット内で現生活のように知り合った人と親しくすること自体間違いなんじゃないでしょうか。
>出会いもそうですよね。

>ネットで友達や恋人を作ろうなんて考えが甘いんですよ。
>表面はいい人に見せることくらいできますから騙すのなんか簡単です。

この意見に関しては、パソコン通信時代にオフ会に参加し、あちこちに知人がいる者として異議があります。
まあ、その時代と比べれば、ネット人口が爆発的に増えて、変な人の絶対数も多くなっていることは確かなので、用心するに越したことはないですね。
結局は、どういったサイトでどのように知り合ったかによって、変な人に当たる確率が大きく違ってくると思います。

怪しげな体目的の出会い系サイトで知り合った相手だとすれば、変な人の確率はかなり高いでしょう。
ですが、これは確率の高低の問題であり、ネットで知り合った全ての人が悪人ではないでしょう。
もちろん、2ちゃんねらーにもいい人がいることは間違いないですよね。
そういう意味で、2ちゃんねらーというだけで問答無用で人を変な目で見ようとするアンチ信者は、大きな損をしているのかもしれません。

>結局、近所のオバちゃんに変な噂をされないように正しく生きることが一番なんですよね。

ある意味、近所のオバちゃんの「オバちゃんねる」は最強ですね。
「ここだけの話」という触れ込みであっという間に変な噂話が広がりますね。
削除要請してもムダどころか、余計に火に油を注ぐことになりそうです。
【2007/08/25 21:33】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]
もぐらさんへ
コメントありがとうございます。

>子供をダシにしている卑怯なところ、

「子供たちを守ろう!」になる前のパパさんのブログ名を見れば、そう書けば子供を持つ賛同者の方が増えるに違いないと考えて、タイトルを変更した可能性が高いですね。
そもそも、2ちゃんねるさえ閉鎖されれば、子供たちが守られると考えるところからおかしいです。

そんなことよりも、子供を持つ方は、御自分の子供たちと真面目にネット上の倫理・トラブルについて話し合う機会を作るべきではないでしょうか?
もしかすると、あなたの子供たちが将来「加害者」になる、もしくはすでに「加害者」なのかもしれないんですよ。
「灯台下暗し」と言いますが、パパさんも娘さんとそんな話をされたのでしょうかね?

>久々にAICOさんのブログを見たら、
>相変わらずのレベルの低い悪口言い放題噛みつき放題に呆れました。

同じブログ炎上の記事でも、記事によって被害者の扱いに大きな偏りがありますね。
某「いい男」(アイコさん主観)の時は、全面的に擁護していたにも関わらず今回の批判。
どうやら、被害の内容ではなく、アイコさんの好き嫌いによって扱いに差が出るようです。
というのは、私の勝手な想像ですが。

先日も他人のチェーンメールを「被害者のためにならない活動」などと貶していたのに、今回は「普通の感性を持つ人たちはあなたから離れるでしょうね」などという神経が理解できません。
ていうか、彼女や彼女のファンまで敵に回して、何をしたいのでしょうか?
その言葉をそっくりそのままアイコさんにお返ししましょう。
記事を読んで「普通の感性を持つ人たちはあなたから離れるでしょうね」と。


ところで、もぐらさんから頂いたコメントですが、昨日承認したはずなのに今朝見ると未承認になっていました。
昨日表示したページがまだ画面に残っていたので、今日のページと比較してみると一箇所だけちょっと文章を編集されていますよね?

ということは、どうやら、遂に「承認後の編集」に対策が施されたようです。
つまり、承認された後に編集を行うと未承認状態に戻ってしまうということです。
なるほど、これなら、知らないうちに編集されても見えなくなるので問題ないわけだ。
【2007/08/26 12:06】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

私も2chにはいい人が結構おられるのを感じますよ。
鬼女さんはみことさんみたいにモラルがあってきちんとした方が多いですし、既婚男性版には一生懸命仕事と家庭のために尽くされてる男性がおられて、いい方がたくさんおられるんだな~と思ってます。
独身男さんは真面目な方に出会えてよかったですね。
MSNの相談や2chの既婚男性版を見ると、旦那さんがネットで出会った女性とメールしていて「好き」と言ったり会う約束をしているとか、奥さんがたくさんの男性とメールしていてHなことを言っている、という気の毒な相談がたくさんあるんですよね。
もし私が独身男さんとメールするとしたら、どうせ知らないからと色んな嘘をたくさん書けますよね。
自分がよく見えるようなことばかり書くかもしれません。
旦那さんに隠れてメールをしている既婚女性が「料理上手で胸が大きい」などと自分をアピールしてやさしい言葉ばかり書けば、相手の男性は「ウチの嫁と違っていい女」だと勝手に思い込みいろいろ想像して好きだと思いこむようになるんですよね。
男の方も「風邪は大丈夫?」とかやさしい言葉を書きまくって女性の言葉に同意するような言い方をすれば、「やさしくていい人だ」と勝手に思い込むようになり自分の作った理想の男を好きと思うようになるんですよね。
でも本当にいい人ならば、配偶者に隠れて異性とメールなんかしませんよね。
配偶者に欠点があれば話し合って解決していくべきなんじゃないでしょうか。
覚悟して結婚したのなら、親友や肉親にするような愛情を持つのが普通だと思うんですよ。
2chでヲチされていたどこかのブログで読んだのですが、独身でもたくさんの女性とHするためにメールしまくってる男のブログがありました。
こんなのを読むと携帯の出会いサイトも気持ち悪くて私は未だに使う気はないですね。
学校では先生から散々言われてきていますし。
男の友人にもこういう軽い男いますよ。
友人としてなら問題ないですが、付き合うのは御免こうむります。
【2007/08/26 13:04】 URL | Merlin #-[ 編集]
日本初のサポートシステムを搭載したブログランキングが誕生!
管理人様へ

拝啓 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さてこの度、日本初の“ブロガー・サポートシステム”を搭載した「パワーブログランキング」サイトを開設いたしましたので、ご連絡いたします。
当サイトは、全く新しい発想から生まれた「ブログランキング」です。
「パワーブログランキング」は、多くのブログを管理し更新続けてきたブロガー自らが作る、ブロガーによるブロガーのためのランキングサイトです。
これまでの常識を打ち破ったサイトの詳細は、
こちらをごらんください。⇒http://www.powerblog.jp/

8月27日~9月30日までは、オープニングキャンペーンを実施。
フルスペックハイビジョン液晶テレビ“AQUOS”など多数の豪華プレゼントの他、
“ベストブロガー大賞2008”への無料エントリー
“ブロガー・サポートシステム”へのご優待など、
【5つの特典】をご用意いたしましたので、ぜひこの機会をお見逃しなく、当ブログランキングに、登録参加ください。
⇒オープニングキャンペーン:http://www.powerblog.jp/campaign.html
⇒ブロガー・サポートシステム:http://www.powerblog.jp/support.html

ご覧のように、ブロガーにとっての豊富なメリットをサイト内に搭載することで、
ブロガーの方々の「豊かなブログライフ」を応援してゆきたいと考えておりますので、
どうかよろしくご活用くださるよう、お願い申し上げます。
⇒新規登録はこちらから:http://www.powerblog.jp/regist/regist.html
敬具
パワーブログランキング運営委員会

パワーブログランキング:http://www.powerblog.jp/
Merlinさんへ
いつもコメントありがとうございます。

>私も2chにはいい人が結構おられるのを感じますよ。

オンラインゲームにおいてもそうです。
相変わらず弱者さんは「彼等はどこのオンラインゲーでも2ちゃんねらーしてるのでかなりの嫌われ者です」とか仰ってます。
実際、私のやっているオンラインゲームでも、明らかに2ちゃんねらーと判るキャラ名の方や、2ちゃんねる系AAを頻繁に使われる方がとても多いです。

ですが、そういう方が嫌われているかというと、全くそんなことはありません。
むしろ、初心者に色々と教えてあげたり、困っている方を手伝ってあげたりしている方は、2ちゃんねらーが多いことから、好かれているキャラが多いようです。
もちろん、私のプレイしているオンラインゲームと弱者さんの仰るゲームは違うでしょう。
ですが、「どこのオンラインゲーでも」という表現が間違いであることだけは確かです。

>どうせ知らないからと色んな嘘をたくさん書けますよね。
>自分がよく見えるようなことばかり書くかもしれません。

それはネットに限らず、ある程度仕方のないことでしょう。
昔の手紙を使った文通などでも、手紙に書いていた内容と現実に大きなギャップがあって、実際に会ってみてがっかりしたというようなことは日常茶飯事だったようです。
現実に、交際時はギャンブル好きというような点は隠して結婚し、結婚後も旦那がギャンブルを止めることができずに、それが原因で離婚した例も近所であります。

ただ、その相手と実際に会う時、大嘘ばかりついていると、期待していたのに裏切られたということで、余計に相手を失望させることになるでしょう。
かといって、最初から悪い点ばかり言うというのもやはり考え物です。
結局は、どちらにせよほどほどにすべきだと思います。

なお、今書いていることは、真面目な男女間の付き合いについての話です。
H目的の出会いなら、「ギャンブル好き」とか「料理ができない」とかいう点は余り関係ないですね。
まあ、「胸が大きい」ということは関係するかもしれませんけど。

私が勝手に考える理想を書きます。
本当はギャンブル好きでも「ギャンブルはしない」と言ってギャンブルを絶つ。
本当は料理ができなくても「料理が得意」と言って、勉強して料理が得意になる。
つまり、言った時は嘘でも、努力してその言葉を真実に変えるような人ですね。

>携帯の出会いサイトも気持ち悪くて私は未だに使う気はないですね。

私は「気持ち悪い」よりも、「怖い」というイメージを持っています。
そういうサイトを利用している方が事件に巻き込まれるという例が多いからです。
【2007/08/29 03:27】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

はじめまして。私は、2ちゃんねるはあまり好きではないです。ある時、ネットサーフィンをしているときに偶然2ちゃんねるから子供たちを守ろうのブログを見つけました。2ちゃんねるを批判しているので、応援しようと思い読んでみたら、誹謗中傷みたいな事がかいてあったので気分が悪くなりました。コメント欄も、汚い言葉が多かったのでパパさんのブログを応援するのをやめました。他のアンチ2ちゃんねるブログもみましたが、同じように汚い言葉が多いので、アンチ2ちゃんねるに反対しています。これからもがんばってください。
【2007/09/21 01:04】 URL | ふうらいにん #-[ 編集]
ふうらいにんさんへ
はじめまして、コメントと応援ありがとうございます。

やはり、アンチの方々の言葉は、彼らが批判している悪質2ちゃんねらーの暴言と大差ないですよね。
彼らの活動は、2ちゃんねらーの行動を参考にしていると自ら仰っていた活動家の方もいました。
それなら似ているのは当然のことですが、それを言うと「それはよくある屁理屈だ」と無理やり話を打ち切られます。

多分、あのように書きたい放題書くのは、彼らは賛同者を増やすことを余り重視していないからなのでしょう。
某宗教や某政党を平気で貶すことも、その可能性が強いことを裏付けています。
実際に、最初は応援していても、書いたコメントを疑われ工作員扱いされたりして、彼らの元から離れる方も後を絶ちませんね。
人気blogランキングのクリック数を見ても、アンチ賛同者の少なさは明白でしょう。

最近、ふとこんな考えが頭をよぎりました。
もしかすると、ヲチしている2ちゃんねらーへの嫌がらせが主たる目的なのかもしれません。
そして、アンチブログの読者は、ヲチしている2ちゃんねらーが殆どのようです。

いずれにせよ、現在のアンチ活動家の方々の活動は、敵ばかり作って賛同者を増やす気があるとは思えないので、どちらかというと逆効果でしょう。
【2007/09/25 01:14】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/27 00:42】 | #[ 編集]
【2007/09/27 00:42】のコメントの方へ
秘密のコメントありがとうございます。

>mixiでの犯罪行為自慢が多いみたいですね。

>閉鎖された環境なら何を書いてもいい訳ではないと思います。

そうですね。
むしろ、閉鎖されているということは誰が書いたのか突き止められやすいので、犯罪行為自慢など書いたら、余計に大変なことになりやすいですね。
2ちゃんねるでも「実行する気は全くない犯罪予告」の書き込みをした人が捕まっているように、もし作り話だったとしても「あれは冗談でした」では済まされない話です。

というか、mixi安全神話などとっくの昔に崩れ去っていると思います。
また、最近、mixiが話題に上がってくることもめっきり少なくなってきましたね。
【2007/09/30 11:44】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

久しぶりのコメントになります。

反2chとの関わりに飽きが来るのも頷けます。
暇な現代人さんも同様の状態でしたから。
そう考えると、未だに彼らの言葉に怒りを覚えてしまう私は
まだ至らない人間なのかもしれません。

「人間は、『与えられた』怨念は一生消えないが、
『与えた』怨念はすぐに忘れる。」
これは確かに反2chに当てはまる文句ですが、
当人達にこんな言葉を投げかけてみても、
「それはこっちの台詞だ、この人殺しが!」
等という罵声が返ってくるのは明白です。

私自身、
「2chの閉鎖に対して口を挟む理由も動機も無い。
 だが、彼ら反2chの独善的正義感がグローバルスタンダードとなり、
「モナーは死ね。」「全員銃殺刑にした方がいいと思います。 」
 このような発言をする者達が
 次世代におけるオピニオンリーダーとなる未来など
 到底、容認できません。
 (取り上げた発言をするような、それこそ「僕こそ正義だ」等という
 価値観の持ち主が「極一部」であることを願いますが…)」
や、
「彼らが必死になって訴えている
『存在するか否か、確たる証拠が無い者達』の存在が
 既成事実となる事も危惧しています。
(本当に存在してたとすれば、
「結果として」何の問題も無いのですが…)」
等といった決まり文句をスピーカーの如く叫び続けるのも
最早、迷惑とも言える行為に達しつつある事を
自分自身でも自覚しています。
(私も、「僕こそ正義だ」と語る者達と同義なのかもしれません。)

私の言う「あの方」も、
「反2chのページも今や完全にねらー化した俺には無意味」
と仰っていましたし、
いい加減、私自身も見切りを付けるべきなのでしょう。

それ故に、ひとりの独身男さんには本当に感謝しています。
コメント非表示の段階が一番酷かった、
私の痛過ぎるコメントにも愚痴をこぼさず
耳を傾けてくれたのですから。
本当に、ありがとうございます。

最後に…
「既に時が止まったに等しいこのブログにも、未だ存在価値は在る」
と、私は思います。
このコメントが、不自然な改行で投稿されていない事を祈りつつ。

以上、最後まで稚拙な乱文を失礼致しました。
【2007/10/30 23:06】 URL | エドガルド #-[ 編集]
エドガルドさんへ
いつもコメントありがとうございます。

>反2chとの関わりに飽きが来るのも頷けます。

飽きが来たというのもありますが、とにかく疲れました。

>未だに彼らの言葉に怒りを覚えてしまう私は
>まだ至らない人間なのかもしれません。

いやいや、記事に書かないだけで私も同じですよ。

>当人達にこんな言葉を投げかけてみても、
>「それはこっちの台詞だ、この人殺しが!」
>等という罵声が返ってくるのは明白です。

どんな正論をぶつけようとも聞く耳を持たない方々に何を言ってもムダですね。
某アンチブログのコメント欄を見れば判るように、反論すれば余計に怒りを募らせますから。
彼らに怒りのエネルギーを与えるだけの反論なら、書かない方がましかもしれませんね。

>「モナーは死ね。」「全員銃殺刑にした方がいいと思います。 」

弱者さん達は、こんなことを書く方は2ちゃんねらーの工作員と判断していると思います。
私には、パパさんのブログをよく読んでいる方であろうことしか判りませんが。
まあ、工作員であっても本心であっても、アンチの印象を下げる結果になることだけは間違いないでしょう。
それならそうと、弱者さんが御自分のブログで釘を刺すなりすればいいでしょうけど、本人が御自分のブログにコメントを書いた時以外は無反応ですね。

しかも、弱者さんは、文章を数行読めば2ちゃんねらーかどうか判断できるらしいですね。
そして、その判断方法は極秘事項なのでブログなどでは公開できないとか?
ただ、来たコメントに対して、「心当たりのある文体だ」とか「日本語が変ですが」とか、疑いを持っていることを誤魔化して書くのは、どう見ても相手の属性の判断ができてない証拠だと思いますが。

> (取り上げた発言をするような、それこそ「僕こそ正義だ」等という
> 価値観の持ち主が「極一部」であることを願いますが…)」

弱者さんの言葉も、どぎつさは少なくても、内容的には似たようなものですけどね。
さらに、御自分の活動こそが最も正しいやり方なのだと信じているようですが、口では賛同者を増やしたいように言っているのに、実際の行動は敵を作ろうとしているとしか思えない活動が正しいはずないでしょう。
これで「言行不一致なことはしない主義」とは、御自分がどう見えるか判らないのでしょう。

>『存在するか否か、確たる証拠が無い者達』の存在が
> 既成事実となる事も危惧しています。

例えば、ブログ炎上が、「プロ固定と呼ばれる2ちゃんねる運営陣が、2ちゃんねるのアクセスを稼ぐ目的で意図的に引き起こしている」ことが100%間違いないとします。
100%間違いないということは「確たる証拠」があるはずなので、その証拠を然るべき所に提出すればいいことになります。

さらに、もし「プロ固定」が実在し、現在でも存在していたとしても、法に触れることを行っているかどうかはまた別の話です。
すなわち、「プロ固定」が存在するかどうかなど本当はどうでもいいことで、2ちゃんねる運営陣が法に触れることをしているかどうかだけが問題なのです。

>(私も、「僕こそ正義だ」と語る者達と同義なのかもしれません。)

何かを批判する者は、自分が正しいという信念の元に行動を起こしているわけですから、私やエドガルドさんも含めてそういう批判を受ける覚悟は必要でしょう。
ただ、その内容に多くの人が納得できる正論である場合、それに対する批判はそれ自身が批判されるべきものでしょう。
逆に、多くの人がおかしいと思う内容である場合、それに対する批判は当然のものでしょう。

例えば、御自分のブログが、一時Yahoo!ニュースにリンクされたことにまで、裏の目的とやらを無理やり考えるような変な方には、多くの方が疑問を持って当然でしょう。
一方、エドガルドさんの文章にはそういった無理やりな点が見受けられませんね。
私自身もそうであって欲しいですが、自分の短所には気付きにくいので判りません。

>コメント非表示の段階が一番酷かった、
>私の痛過ぎるコメントにも愚痴をこぼさず
>耳を傾けてくれたのですから。

痛くはなかったですが、長かったですね。
そして、このような長文を私にだけ見せるのは非常にもったいないと感じました。
どちらかというと、御自分でブログを開設して記事として書いた方がいいと思いました。
なお、元の文章が非公開だったので、返事を書くのに多少苦労しましたが。

>「既に時が止まったに等しいこのブログにも、未だ存在価値は在る」

折角書いた記事を消すのももったいないので、自分から閉鎖することはありません。
それに、強制的な停止措置に繋がりそうな内容の記事も書いていないつもりです。
また、皆さんが忘れた頃に、こっそりと新記事を置いていくかもしれません。
【2007/11/04 19:31】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

こんばんわ。

寝不足です。
最近ブログが面白モード。
それじゃまた☆
【2007/11/06 18:46】 URL | hiroko #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/13 02:42】 | #[ 編集]
【2007/11/13 02:42】のコメントの方へ
秘密のコメントありがとうございます。

パパさんのブログのコメントコーナーによく書かれていた不快な暴言に似たコメントが、最近、某アンチブログのコメント欄に書かれていますね。
そのコメントを書いた方や、それを削除せずに残している管理人さんは、パパさんのブログのコメントコーナーを再現しようとしているのかもしれませんが、あのカオス状態を再現しても何のメリットもないでしょうね。

そして、今度は弱者さんのブログのコメント欄で、弱者さん御本人が余りにもおかしな発言をなさっています。
もう、ここまでの酷い妄言を書かれると、久々に反応してしまいそうです。
ていうか、近々、記事で突っ込ませていただくことになると思います。

>パパさんのブログにリンクされている○○○に○○○○というブログ

私も、あのブログがリンクされているのは不思議に思います。
ただ、韓国に対する見方など、リンクされている他のサイトでも、パパさんの御意見とは正反対のことが書かれているところも多くて、まるで足並みは揃っていません。
アンチ活動家の方々が同一の方向性を持ち、それを記事にされているのならともかく、ここまで各自バラバラの方向に向かっていけば、最後は花火のように散って消えてしまうことでしょう。
【2007/11/15 23:32】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/23 02:01】 | #[ 編集]
【2007/11/23 02:01】のコメントの方へ
秘密のコメントありがとうございます。

>のアドレスを貼っている人がいました。何のために貼っているのでしょうか。

恐らく、そのブログの読者の方々に見せることで、賛同者を増やしたいのでしょうね。
そんなことをしても、逆効果になっているような気がしますが。

>あとこのサイトはサイバー攻撃的なことも示唆していますね。

今までに散々書いてきたように、犯罪行為を推奨するサイトはそれだけで違法サイトです。
そして、そんな違法サイトに自らリンクしている数々のアンチサイトも同罪ですね。

>意見が食い違ってますね。

ここの1つ前のコメントで書いたように、人によって意見が正反対ですね。
そんな状況で、いったい誰の言うことを信じたらいいのでしょうか?
アンチに賛同しようという方も、こんなに派閥があったら大変でしょう。

>反2にはまともな人はいないのでしょうか。もう信用できません。

最初に結論があって、それに向かって都合がいいようにしか物事を考えようとしない方ばかりのようですからね。
また、弱者さんは、御自分のことさえも信用しない方がいいとか仰っているので、確かに信用できないと思っても文句はないでしょう。

ところで、前回予告した弱者さんへの突っ込み記事ですが、ちょっとリアルの仕事が忙しいこともあって、なかなか進んでいません。
今年中には何とか、ってまさかそこまでは遅くならないでしょう。
【2007/11/24 01:30】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひとりの独身男。

Author:ひとりの独身男。
アンチ2chの記事などへ意見を書きます
長文かつ支離滅裂な文章でごめんなさい
《 続きを読む 》 は嫌いなので使いません


↑ ↑ ↑ ↑
アンチ2chの記事に疑問を感じた方
1日1回のクリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気BlogRankingバナー
人気ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。