パパさんの記事への意見
「2ちゃんねる から子供たちを守ろう!」のパパさん他アンチ2ちゃんねるの記事への意見です  リンクフリーです コメント・TBは承認後表示されます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)

以前の記事のコメント欄に、ねこみみさんより頂いたメッセージより、次のような内容をピックアップして考えてみます。

『削除依頼が来る前に、問題ある発言を削除すべきか?』

御存知のように、ひろゆきが敗訴した裁判は「削除依頼をしたにも関わらず、問題ある発言を削除せずに放置した」というものばかりです。なお、ここで言う「削除依頼」は、「削除依頼板」への書き込みだけでなく、メール・文書などでなされた「削除依頼」も含みます。

では、「削除依頼」がない場合、問題ある発言は削除すべきでしょうか?まずは、法律上の観点より考えてみます。専門家ではないので間違っているかもしれませんが、私の認識は「掲示板の管理者は、積極的に問題のある発言を見つけ出して削除する義務は負わない」というものです。

もし、そんな義務があるのなら、規模の大きい掲示板の運営など困難だし、そもそも、疑わしい発言が、本当に問題あるかどうかを正しく判断することも不可能に近いと思います。それに、疑わしいので削除したけれど、本当は問題のない発言だった場合、「表現の自由」・「検閲の禁止」などの別の問題が発生する場合だって有り得ます。

次に、今度は法律上の話と判断できない発言は抜きにして考えてみます。例えば、誰が見ても明らかな問題のある発言があったとしたら、管理者は「削除依頼」がなくても削除すべきでしょうか?結論から申しますと、私はどちらとも言えないと考えます。

確かに、削除すると、それ以上広まるのを止めることができるかもしれません。ですが、削除される前にその発言を見た人が再度アップする可能性があります。特に、その情報に興味を持つ人が多ければ多いほど、この可能性は高くなるでしょう。また、すでに、数多くのスレッドにコピーされているかもしれないし、検索エンジンのキャッシュに残ってしまっているかもしれません。

それから、もう1つ重要な点があります。削除すると証拠まで消えてしまうという点です。もし、被害者が、該当する発言をした犯人を特定しようと思うなら、証拠保全の為、削除してはいけないわけです。犯人にとっては、ある程度広まった後に削除されると、最も都合が良いパターンということになります。

つまり、被害者の意思によって、削除/証拠保全が分かれるので、一概に削除すべきだと判断できないわけです。また、削除した場合には、疑おうと思えば「運営陣自身の書き込みで、証拠を消すため削除した」などと取ることもできるので、これを理由にまたアンチの方々が騒ぐ可能性もありますね。

以上のことを踏まえると、やはり、「削除依頼」が来てから削除というのが、ベストな対応だと思うのですがいかがでしょうか?すなわち、「削除依頼」が来るまでは、削除する必要はないということです。

なお、この問題に関して、非常に参考になると思われるページがありましたので御紹介致します。

『匿名掲示板管理人の法的責任について』

上記リンク先はPDFファイルですので、PDFファイルを表示するソフトウェアがインストールされていないと表示できません。「ファイルのダウンロード」になったりする場合は、次のサイトより「Adobe Reader」の最新版をダウンロードしてインストールしてください。






削除が必ずしも良いとは限らないと思う方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー

スポンサーサイト
★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)

パパさんのブログのコメントコーナーには、多くの方のメッセージが寄せられていますが、以前から気になって仕方の無かった、非常に奇妙な方がおられますので、その方について書かせていただきます。

まずは、2つのコメントコーナーでの、その方のハンドル名が出てくるメッセージ、すなわち、その方御自身が書かれたメッセージと、他の方がその方へレスされたメッセージの日時と、その時書かれたハンドル名を順番に列挙します。なお、赤色文字がその方御自身のメッセージです。

2ch反対!コメントコーナー!
【2006/09/27 01:22】 7jmsさん
【2006/09/27 13:26】 ともださん ⇒ 7jmsさん
【2006/09/27 18:09】 7jmsさん
【2006/09/27 23:39】 沙羅さん ⇒ 7jmsさん
【2006/10/12 02:00】 7jmsさん
2ch反対!コメントコーナー! その2
【2006/10/21 00:44】 7jmsさん
【2006/10/21 16:17】 らみんさん ⇒ 7jmsさん
【2006/10/21 18:52】 7jmsさん
【2006/10/22 21:09】 らみんさん ⇒ 7jmsさん
【2006/10/23 01:06】 りりーさん ⇒ 7imsさん
【2006/10/23 14:05】 7imsさん
【2006/10/23 15:14】 bmwさん ⇒ 7imsさん
【2006/10/23 22:13】 らみんさん ⇒ 7imsさん
【2006/10/25 00:24】 7imsさん
【2006/10/28 01:15】 7imsさん
【2006/11/02 23:23】 7jmsさん
【2006/11/07 23:09】 7jmsさん


これを見ていただければ判るように、その方のハンドル名は、最初からずっと「7jms」さん(「7」のみ全角で、その次は「j」)でした。ただ、このハンドル名の部分はフォント的に「j」と「i」の区別が非常につきにくく、10月23日にりりーさんが書かれたメッセージでは誤って「7ims」さんと呼んでおられてますが、この間違いまでは理解できます。

ところが、その次のメッセージでは、御本人自ら「7ims」さん(「7」も半角で、その次は「i」)と名乗られています。メッセージの内容を見ても、同じ方が書かれたようだし、もし、別の方がハンドル名を騙ったのなら、本当の「7jms」さんから指摘があるはずです。また、同じ人だとすれば、ハンドル名を変更された理由が判りません。

そして、この「7ims」さんのメッセージは連続3回続きました。その後、予想外なことに、11月2日にハンドル名が「7jms」さんに戻ってのメッセージが再度登場し、11月7日にも「7jms」さんと名乗られています。

ですが、他人のハンドル名を間違えるのなら判りますが、御自分のハンドル名を間違えるなんてことはあり得ないですね。しかも、途中で改名してずっと変更したままでもなく、後になってもとのハンドル名に戻している点も非常に不自然です。

まあ、ここにこんなことを書いても、何にもならないだろうとは思いますが、とにかく、気になって仕方なかったので書かせていただきました。



言われてみると確かに気になると思われた方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー

★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)

パパさんには珍しく6日ぶりの記事(単なるメッセージ記事は除いて)である7日の記事「年収1億以上!?早稲田学園祭に失踪中のひろゆき登場。」についての意見です。

>裁判には一切、出廷しないくせに、
>こういう自分に都合の良いことには積極的に顔を出すのですね・・・。

どう考えても、今回の登場が「都合が良いこと」には思えません。そもそも、本当に「失踪」しているのなら、講演依頼の連絡が取れるはずはないし、のこのこ出てくるはずもないでしょう。

そして、その後の「サンスポ」からの「転載」ですが、パパさんはこれを「引用」と考えておられるようですね。しかし、ここでの「引用」部分はほぼ全文に近いものであり、『「個人情報の保護」「著作権」「リンク」についての見解』の「引用部分を必要最小限の分量にとどめる」に明らかに違反しているため「無断転載」ですね。

>・自殺者まで多く出し、
>・中高生にまで卑劣な誹謗中傷を浴びせ、
>・罪の無い人々の個人情報を勝手に広める。
>
>このブログでも、幾度と無く取り上げてきた
>2ちゃんねるの被害。
>
>それを踏み台にして、
>彼は1億以上の金を手にしているのだそうです。

あくまでも、今までひろゆきが負けているのは、問題ある書き込みを削除せずに放置したということですが、どう見ても、パパさんの記事では、問題ある発言はひろゆきまたは運営陣が意図的にさせたということですね?では、その証拠を示していただけませんでしょうか?根拠もなく書かれておられるのでしたら、パパさんのなさっていることも誹謗中傷ではないでしょうか?

>彼自身は『強制的に支払わせる法律は無い』とのことですが、
>専門家からは以下のような指摘が出ています。

ひろゆきが負けているのは民事裁判で、板倉宏日大大学院教授は刑法が御専門のようです。これは、「サンスポ」の人選ミスではないでしょうか?なお、この件については、「teacupちょっとききタイ!」に「西村博之氏に対して、裁判所が強制執行を行わない理由は何でしょうか?」という質問が出ていましたので御参照ください。専門家さん(?)の御意見よりとても参考になる回答が出ていますよ。

>簡単なことです。
>この男の、いや2ちゃんねる運営のバックには、
>
>メディアも非難せず、
>行政も具体的に突っ込んだ捜査ができない、
>日本国内のタブー視されてきた組織がいるんですから・・・。

ということは何ですか?裁判所が強制執行をしないのは、2ちゃんねるのバックにいる組織を恐れているからということですか?パパさんは御自分の妄想のおかしさに気がつきませんか?ここまで来ると、もはや、誇大妄想と言っても言いすぎではないでしょう。しかも、これは「簡単なこと」だそうです。

また、本当に「その組織」がバックにいるという確信があるのなら、ごまかさずに、はっきりと書けばいいのではないですか?かなり以前から仄めかすだけで、いつまで経ってもはっきり書かないのは、本当は確信がないからですよね?もし間違っていたら大変なことになるからですよね?

>あの組織の連中も、そんな態度をナメて余裕で卑劣な行為をし、
>ヘラヘラ笑っているんですから、

前回も書きましたが、どうやら、パパさんのイメージでは、2ちゃんねらーだけでなく、2ちゃんねるに関連する人は全員「ヘラヘラ笑っている」ようですね。私も、友人の2ちゃんねらーもヘラヘラ笑ってなどいないのですが、おかしいですね?

>どこの組織か分からない方は、
>西村のお母様に聞いてみればお詳しいのではないかと思います。

いや、だから、パパさんがはっきり書けばいいでしょう。ひろゆきのお母様への迷惑行為をわざわざさせる必要などありません。しかも、「聞いてみれば」って、そういうことをする為に、ひろゆきの御家族の個人情報を勝手に広めているのは、アンチの方じゃなかったでしょうか?



強制執行しないのは某組織を恐れてでないと思う方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー

★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)

パパさんの30日の記事「一番悪いのは、誰なのか。」については、前回の記事で私の考えを書きました。

そのコメント欄に、女性の方から、パパさんが事件に関する記事を出されたことに対する、被害者の女性と同性の立場から見た批判的意見が寄せられていました。私もその通りだと思うことから、今後、可能な限り事件の内容には触れないように注意して記事を書くようにします。

>「MIXIが一番悪い。責任重大だ」

「一番悪い」というのがおかしいことには同意します。ただ、mixiの登録情報が、このような個人情報の悪用に使われる危険性に対して、mixi側が充分な説明をせずに実名登録を推奨していたことにも、責任の一端があると思います。事件後に注意を追加したことも、mixi側が自分達の説明不足だと判断したからでしょう。

>善意あるメディアや人は、昨日も書いたとおり、
>二次被害を懸念してこの問題を取り上げられない。

では、パパさんが取り上げたことは、どうだったのでしょう?私には、良い点より悪い点の方が多かったとしか思えません。

>  しかし、確かに今回は事件の発覚後、
>  再犯や被害の延焼を防ぐべく、
>  多重アカウントなどを大量に削除した行為は、
>
>  2ちゃんねるでは『暴挙』と捻じ曲げられて広められているが、
>  これはむしろ評価すべき行為だ。

削除されたのが、事件の関係者や多重アカウントのみだったら問題ないでしょう。ですが、たまたま、関係者のコミュニティーのメンバーとマイミクで繋がっていただけの、事件と全く無関係なアカウントまで、巻き添えを食らって削除されているとすれば問題ありでしょう。

だとすれば、マイミクで繋がっている相手が多ければ多いほど、その中の誰かが問題を起こしたことにより、自分のアカウントが巻き添えで削除される危険が高いということになります。こんなバカな話があるでしょうか?この「マイミクで繋がっていただけでアカウント削除された」というのがデマであればいいのですが、もし真実なら「暴挙」と言われても仕方ないのではないでしょうか?

>「故意」という部分に着目しても、
>明らかにMIXIや被害者男性Bさんの罪は、
>誰がどう見ても2ちゃんねる側の言い分の
>
>『一番悪い』ということにはならない。

数多く起きて社会問題になっている、暴露ウイルス感染による情報流出事件は全て「故意」ではありません。そもそも、情報流出事件がなぜ問題あるかというと、流出した情報が二次利用されて新たな問題に繋がる恐れがあるからです。逆に言うと、流出した情報が二次利用される類のものでなければ、流出しても問題ないと言えます。

つまり、流出させた責任の重さは、流出した情報の重さに比例するものと考えられます。そして、今回流出した情報は非常に重いものと思います。この事件が、異常な早さで広がり、多くのメディアに取り上げられたことも、流出した情報の重さを示すものでしょう。

もちろん、それを広めた2ちゃんねらー・マスコミ・雑誌にも罪はあります。ですが、これらの二次利用をした側だけが悪いというのなら、もし、膨大な顧客情報を流出させ、その顧客情報が詐欺などの名簿として使用され、多くの被害を出したとしても、悪いのは二次利用した犯人であって、流出した側には責任がないということになります。こんな考えが通用しないことは火を見るより明らかです。

>最も悪いのは、
>3.ファイル交換ソフトウィルス

まるで話になりませんね。もし、暴露ウイルスに感染して重要情報を流出させた本人が「暴露ウイルスが悪いんだ」とか言うと、普通どう思われるでしょうか?きっと、「責任転嫁をしている」と判断されますね。そして、パパさんが同じことを仰っていることは、「庇っている」と判断されるでしょうね。

>暴露ウィルスを作った者と2ちゃんねるの利害は完全に一致する。

これまた変な決め付けですね。逆にこうも考えられます。ファイル共有ソフトの使用に警鐘を鳴らし、利用者を減らす為に暴露ウイルスを作ったのではないかと。まあ、真実は、ウイルス作者本人に聞いてみないと判りませんが。

次に、この内容と深く関係のある、31日の「ファイル交換ソフトの先に待ち受けるもの。」についてです。

パパさんのこの記事では、「ファイル共有ソフトの使用はやめよう」という一番の理由として「暴露ウイルスに感染するかもしれないから」ということを説明されておられます。そして、その後に長々と書かれていることは、説明というよりは、明らかな脅しですね。

>『ウィルスに感染した本人だけではなく、
> 被害者の周りの人にも残酷な被害が及ぶ』

>『あなたの大切な人にまでも牙を剥くのです。』

>『あなたの大切な人たちを2ちゃんねらーの前に生贄に出している』

>・自分の大切な人を傷つけるソフトだ。

この記事では、繰り返し「周りの大切な人」の被害を強調なさっていますが、本当にこのような被害が数多く起きているんでしょうか?「Winny個人情報流出まとめ」に、今まで、「winny」や「share」の暴露ウイルスに感染して情報流出をした主要な事例が纏められていますが、この中で、そうした被害となった例は幾つあるのでしょうか?どう見ても殆どないでしょう。

結局、今回の事件は、流出した情報の内容が特殊だったために、かわいそうなことにここまで広がってしまいましたが、極めて稀なケースだと思います。そんな特殊な例を示して、さも毎回のようにそんな悲惨なことが起きているかのように書くのはおかしいですね。ファイル共有ソフトを使用すると、暴露ウイルスによってそのパソコン内のファイルが流出する恐れがあるという、正しい認識による危険性を訴えるべきでしょう。

>・その先には2ちゃんねらーたちがニヤけ面で待ち構えている。

以前にも、パパさんは「人を嘲笑するような表情が染み付いた顔」という表現をされていましたが、どうやら、パパさんは「2ちゃんねらー」は「ニヤけ面」をしているものという勝手なイメージがあるようですね。もし、勝手なイメージでないのなら、今までご覧になった何人の「2ちゃんねらー」のうちの何人がそんな顔をしていたのか、ぜひ、お聞きしたいですね。

※「ファイル交換ソフト」と「ファイル共有ソフト」という2つの呼び方ですが、パパさんは前者を使われておられます。ただ、最近主流のものは「交換」というよりは「共有」に近いと思い、私の記事では後者を使っています。もちろん、呼び方は違っていてもこの2つは同じものです。



「暴露ウイルスが一番悪い」は明らかに変と思う方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー

プロフィール

ひとりの独身男。

Author:ひとりの独身男。
アンチ2chの記事などへ意見を書きます
長文かつ支離滅裂な文章でごめんなさい
《 続きを読む 》 は嫌いなので使いません


↑ ↑ ↑ ↑
アンチ2chの記事に疑問を感じた方
1日1回のクリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気BlogRankingバナー
人気ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。