パパさんの記事への意見
「2ちゃんねる から子供たちを守ろう!」のパパさん他アンチ2ちゃんねるの記事への意見です  リンクフリーです コメント・TBは承認後表示されます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)
 
昨日(12日)の記事「2ちゃんねるの犯罪拡大に手を貸さないで・・・。」についての意見です。
 
とても、心を揺り動かされる内容の記事ですね。この記事に反論すれば「ほらね、やっぱりお前は血も涙もない2ちゃんねらーだったじゃないか」と言われるかもしれません。ですが、いくら感動的なお話をしていただいても、その前提条件に大きな間違いがあると思うので反論をさせていただきます。
 
また、悪い方に解釈すれば、パパさんのブログのタイトルと同様、子供たちを出してくることによって、議論を有利に持っていこうという意図が感じられますが、これは私の考えすぎということにしておきましょう。
 
>そしてその子供が異常な犯罪者に刃物で切り刻まれ、
>一糸まとわぬ姿であなたの知っている河川に投げ出され、
>変わり果てた姿で発見されたことを想像してください。
 
極めて残虐・残忍な表現ですね。そこまでの表現が果たして必要なのでしょうか?非常に疑問を感じます。それとも、この表現は何か過去の事件の現場状況を描いているのでしょうか?いずれにせよ、この表現はやり過ぎですね。
 
>突然その子の元に警察官が訪れ、彼を連れ去ります。
>彼はどうやらネットの掲示板で犯罪予告を行ったという事情のようです。
 
つまり、パパさんのおっしゃりたいのは、このような犯罪を犯す犯人は2ちゃんねらーばかりだということでしょうか?しかし、犯罪全体で2ちゃんねらーが犯人の確率ってどれぐらいなのでしょうか?
 
2ちゃんねらーが犯人というニュースは目立ちますので、パパさんの目にも触れ、きっと鬼の首を取ったように「また2ちゃんねらーが犯罪」と記事にされると思います。ということは、逆にパパさんが記事に書かれておられる事件がその全てと言えるでしょう。
 
しかも、それらの記事の中には、後述するような、どちらかというと2ちゃんねる側が被害者であるのではないかと思える事件も含まれていますが、それらも件数に含めて考えてみても、やはり、飛びぬけて犯罪が多いとはどうしても思えません。
 
>何度も繰り返すように、
>まず犯罪予告をしてしまうのにはそう仕向ける背景が2ちゃんねるにはあります。
 
2ちゃんねる上での犯罪予告は、そんなに大騒ぎになるとは思わずに、気軽な気持ちで面白半分に書いたものがほとんどで、実際に犯行に及んだ例は数えるほどしかありませんね。「ネオむぎ茶事件」はその数少ない例ですが、これも、それだけ見たら犯行予告とは思えない発言が、後付けで犯行予告ということになっただけです。
 
仮に、犯罪予告後に本当に犯行をする犯人がいたとしましょう。犯罪予告は「目立ちたい」・「みんなをアッと言わせたい」・「相手を脅したい」という目的で行われます。結局は、目立つと思うから2ちゃんねるを選ぶのです。もし、ザ掲示板の方が目立つならそちらを選ぶでしょうね。ですが、実際、ザ掲示板で個人情報漏洩があっても余り目立ちませんでしたね?
 
そういう意味では、2ちゃんねるはどちらかというと被害者です。しかも、発言者のIPアドレスが記録されるようになってからは、2ちゃんねるで犯罪予告や動物虐待画像公開などを行った犯人はほとんど捕まっているのではないでしょうか?
 
先日の「ネコ殺害画像公開事件」で、犯人は、最初、「殺した証拠も無いし、弾かれた猫を持ってきたって言えばそれでおしまい」と言っていたのが、突然、「車に轢かれて死んだ猫を、さも殺されたかのように見せかけた」と弁明したのは、逃げ切れないと思ったからでしょう。
 
つまり、これは2ちゃんねるが犯罪拡大よりも、むしろ、犯罪を抑制する力を持つようになっているということではないでしょうか?いくら目立とうが、足がつくところで発言すれば、その発言自体が証拠となり、自分で自分の首を絞めてしまうわけです。わざわざ、そういうところでは発言しませんよね?
 
>また、モラルを意図的に低下させ、繰り広げられる口汚い会話のやりとりが
>「人間の本音」であるかのように錯覚させ、
>犯罪者を大量生産する工場こそが2ちゃんねるなのです。
 
パパさんは、口汚い会話をネットですると、本当に残虐な性格になり、犯罪者を生むとお考えなのですか?全く逆の人もいるようですよ。つまり、日常で蓄積された鬱憤を2ちゃんねるで晴らし、すがすがしい気持ちでまた日常という戦場に戻っていく人々です。
 
嘘だと思うんでしたら「2ちゃんねる 鬱憤」でgoogle検索してみてください。「2ちゃんねる ストレス」でgoogle検索すると、トップに例の板が出てきてしまいますけどね。
 
そういう人は、もし、2ちゃんねるがなくなったら、どうなるんでしょうね?もしかすると、鬱憤を晴らす場がなくなって、精神的に参ってノイローゼになったり、犯罪に走る人もいるかもしれませんよ。
 
正常な人格を持った大人なら、2ちゃんねるで口汚い会話をしていたとしても、現実でもそんな会話をするとか犯罪者になるとか、そういうことは決してありません。
 
万一、そうなってしまった人がいたなら、もともとの性格に問題があったのが2ちゃんねるでトリガーを引いてしまったもので、2ちゃんねるがなくても、遅かれ早かれそうなっていたはずです。2ちゃんねるに重大な責任があるとは思えません。
 
ですが、まだ、人格形成が確実になされていない、中高生の場合には状況は変わってきます。中高生の場合には、2ちゃんねると現実の区別がつかなくなってしまう可能性は充分有り得ます。
 
パパさんの描写では犯人は「中高生」だったようですね。私も、上記の理由から、中高生は2ちゃんねるに行くべきではないと思います。アダルトサイトの広告が出ることからも、18禁にするのはやむを得ないでしょう。
 
>もしあなたが2ちゃんねらーならば。
>そうでなくても、2ちゃんねるに書き込んだり、ROMしていたりするならば。
>あなたはただの傍観者ではありません。
>
>彼ら2ちゃんねる運営陣に「広告料」という資金を提供し、
>「間接的に援助している」と言えるのです。
 
「ROM」しているだけで「広告料」は入るのですか?私はてっきり、リンクをクリックして画面いっぱいにアダルトサイトの広告が出て、さらにその広告をクリックして初めて広告料が発生するのかと思っていました。
 
>あなたの2chへの訪問が、
>悪質な運営者側に広告料という名の資金を与え、
>そこで得た力が、また新たな被害者を生み出すのです。
 
10日の記事にもこういう文章がありましたが、私には、この最後の行がどうしても納得できません。なぜ、新たな被害者を生み出すのでしょうか?何度かそんな話を読んだ気もしますが、余りにも突拍子もない話だったので忘れてしまいました。
 


パパさんの現場描写はやり過ぎだと思う方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー



スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひとりの独身男。

Author:ひとりの独身男。
アンチ2chの記事などへ意見を書きます
長文かつ支離滅裂な文章でごめんなさい
《 続きを読む 》 は嫌いなので使いません


↑ ↑ ↑ ↑
アンチ2chの記事に疑問を感じた方
1日1回のクリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気BlogRankingバナー
人気ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。