パパさんの記事への意見
「2ちゃんねる から子供たちを守ろう!」のパパさん他アンチ2ちゃんねるの記事への意見です  リンクフリーです コメント・TBは承認後表示されます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)
 
このブログを開設して1ヶ月になりました。ここらで、一区切りとさせていただきたいと思います。
 
私は、このブログのタイトル通り、パパさんの書かれる記事の、余りにも偏った決め付け・思い込みに対する意見を書かせていただく場として、このブログを開設しました。
 
そして、blogランキングではパパさんと同じカテゴリに登録し、記事を読んで賛同していただけた方々のクリック投票のお陰(投票いただいた方ありがとうございます)で、25位以内まで上がったりもしました。
 
その度にパパさんはカテゴリ変更で他へ移られましたが、それでも、パパさんご本人などアンチの方々やパパさん賛成派の方々の一部は、このブログを見ていただいているものと思っています。
 
その方々の中には、必ずや「お前の言うことの方がおかしい」というご意見があるものと思います。そこで、承認制ではありますが、コメント欄を開けてそういう声を書けるようにしてました。その際、余計な心配をしなくてもいいように、アクセス解析等はつけておりませんし、匿名で書き込む方法も明記しました。
 
ところが、この1ヶ月でいただいた声は、応援や情報提供のみ(コメント下さった方ありがとうございました)で、アンチの方々からのコメントは一切いただけませんでした。これは、何故でしょうか?皆さん、私の言う通りだと思っているはずはないでしょう?
(今まで、スパムと自分がテストの為書いたコメント以外は削除しておりません)
 
当然、私も公平な立場で物事を見れるほどできた人間ではありません。それは、言われなくても自覚しております。ただ、その偏り方は、パパさんと比べれば遥かに緩いものと自負しております。
 
私は、記事を書く時も、結構調べてから書いています。例えば、ウィキペディアについての記事を書いたときも、それまでは百科事典として利用したことしかなかったウィキペディアのヘルプを入念に調べました。つい先日の「ネットレイティングス5月調査」の時も、「ネットレイティングス」と「ビデオリサーチ」のサイトを詳しく調べた結果を記事に書きました。
 
ですが、私のこのような慎重さも災いして、何の得にもならないこのブログの記事を書くのに、この1ヶ月、自分の時間をかなり無駄に費やしてしまいました。「無駄に」と書いたのは、パパさんのブログに何の変化も現れないからそう思うわけです。
 

パパさんは、相変わらず、偏った見方のトンデモ記事を量産されておられるし、他のアンチの方が書いた記事を「資料」などと称して真実であるかのように提示しておられます。
(通常「資料」といえば、公平な機関・出版社が出した信頼できるものを指すのでは?)
 
そして、私がここで何度も書いている「真実を批判するのなら大いに結構だけど、決め付け・思い込みで固めた記事はやめて欲しい」という声が聞こえているはずなのに完全無視です。パパさんは、自分に反対の意見に断じて耳を貸さないんですね。
 
パパさんが叩いている者(この場合2ちゃんねる)を援護する意見を聞くと「(2ちゃんねる)関係者?」と全部疑ってかかるというのは、まさに2ちゃんねるそのものの手法です。実は、パパさんの行動は、パパさんが嫌っているはずの2ちゃんねらー的行動そのものなんですよ。
 
パパさんは、否定されるでしょうね。でも、パパさんの言われる2ちゃんねらー的行動って、2ちゃんねらーに限らずありがちな行動じゃないですか?
 
近所で火事があれば見物に行く人は多いでしょう。では、ブログ炎上はどうです?もし、炎上中にそのことを知ったなら行く人は多いでしょう。単に、2ちゃんねるの性格上、2ちゃんねらーはブログ炎上を早く知ることができただけです。
 
アンチの方々は異常なほどに疑り深いので、まだ、私を2ちゃんねる運営とか金を貰って記事を書いているアルバイトとか思っているのかもしれません。私も、そう思われるのはいい気がしないし、また、記事を書くのは非常に無駄な時間を費やすことになるので、今後は、記事の更新頻度をもっと下げることにします。
(更新をやめるわけではありませんのでご心配なく)
 


もっと私の記事を読みたいと思っていただける方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー



スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/06 05:04】 | #[ 編集]
だれかさんへ
管理者向けコメントありがとうございます。
そうですね、自分たちのサイトではあれ程強気なのに、この静けさは何でしょうね?
あるいは、ここに書き込むと、個人情報を抜かれるとでも思っているのでしょうか?
【2006/07/07 11:23】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

確かにそのほうが利口と言えば利口かな。
メールで弱者さんと対話しようとした人もいたけど、逆切れされて終わったしね。
まあこれからも頑張ってくださいな。
【2006/07/07 12:48】 URL | びっぷり #eg2u8MXc[ 編集]
びっぷりさんへ
コメントありがとうございます。
 
どうやら、逆切れ・ブチ切れはアンチの方々の得意技のようですね。
ウィキペディアの「反2ちゃんねる」等の「削除依頼」や「削除の復帰」を見ても、場所をわきまえずにブチ切れ放題です。
そう考えると、たとえブチ切れようが、メールやコメントに返事が来るのはまだいい方ですね。
 
ブログ更新も、似た内容ばかり書くことになるので、かなり飽きてきましたが、それなりに頑張ります。
【2006/07/07 17:28】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひとりの独身男。

Author:ひとりの独身男。
アンチ2chの記事などへ意見を書きます
長文かつ支離滅裂な文章でごめんなさい
《 続きを読む 》 は嫌いなので使いません


↑ ↑ ↑ ↑
アンチ2chの記事に疑問を感じた方
1日1回のクリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気BlogRankingバナー
人気ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。