パパさんの記事への意見
「2ちゃんねる から子供たちを守ろう!」のパパさん他アンチ2ちゃんねるの記事への意見です  リンクフリーです コメント・TBは承認後表示されます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングを見てみよう!(人気Blogランキング)

スローペースの上に寄り道で申し訳ございませんが、前回の続きを書く前に、19日のパパさんの記事「2ちゃんねる側の新たな工作とその背景。」について意見を書かせていただきます。

>私と2ちゃんねる側の大きな違いは、
>『これが仕事ではない』ということ。
>
>そして2ちゃんねらーと私の違うところは、
>きちんと仕事をしているので、
>一日中パソコンにべったりというわけにはいかないところ。

またしても、パパさんお得意の、思い込みによるプロファイリングが出ましたね。「2ちゃんねらー」には、「2ちゃんねる運営陣」などの仕事でやっている人々と、「ニート」や「不良社員」しかいないということでしょうか?

もちろん、私も、これが仕事ではないし、きちんと本業の仕事をやっています。以前にも書いた通り自営業なのですが、パパさんと同様に12月は1年で最も忙しい月です。まあ、このブログの更新が遅れ気味の理由は、忙しいことだけじゃないのですが。

ただ、私が言うことなど信じてくれないかもしれませんので、他の方の例を挙げます。先日のNHKの番組に出演されていて、「ゼビウス」などのゲームデザインをされたことで知られる遠藤雅伸さん(wikipedia)は、自他共に認める「2ちゃんねらー」なのですが、遠藤さんはこの3つのうち、どれに該当するのでしょうか?どう考えても、3つ全部該当しませんね。

パパさんの記事には、このような「根拠のない単なる悪口」が多すぎるのが明らかな問題点でしょう。そして、そういう点や、何でも悪いことは「2ちゃんねる」のせいにしてしまう、その偏った物の見方が散見されるからこそ、そのNHKの番組の関連リンク集に「こどもとネット犯罪に関連するリンク集」という項目があるにも関わらず、リンクされなかったのでしょう。

まさか、リンクされなかったのは「2ちゃんねらー」の妨害が理由などというような、馬鹿馬鹿しいこじつけは止めてくださいね。パパさんのブログが「優れた告発サイト」だと信じているのは、せいぜい、アンチの方々か、または、彼らに「マインドコントロール」されたアンチ信者の方々だけでしょうから。

それにしても、パパさんが以前に書かれていたことによれば、夜中に書いた記事を、翌日、あちこちのネットカフェを転々と回りながら登録しておられるとのことでした。ところが、毎日更新していた頃の記事の登録時刻から判断すると、それが嘘なのか、「きちんと仕事をしている」というのが嘘なのか、つまり、この2つが両立できるとは思えません。

もしも、両方共に本当とすれば、少なくとも8月頃のパパさんの仕事は、自分の好きな時間にあちこちのネットカフェへ行っても全く問題がない仕事か、好きな時間に出社していいフレックスな会社なのか、仕事は社員に任せて自分は自由に動ける経営者、あるいは、私と同じ自営業をなさっているのでしょうか?

ただ、色々と考えると、「ネットカフェを転々として」という話から、ちょっと有り得ないと思います。その主な理由は次の通りです。

1.毎日行っていると、結構な料金が発生してしまうはずだが、奥さんにばれたら何と説明するのだろう
2.ネットカフェも無数にあるわけではなく、同じ所に何度も行くと顔を覚えられて、余計に危険を伴う
3.他のサイトに書き込みしないのだから、そもそも、自分のIPアドレスが特定される可能性すら低い

もし、これが、自分のネット環境を知られたくないという理由であえて書いた「作り話」だとすれば、例え自分の身を守るための「作り話」だとしても、それは「故意の嘘」ですね。以前に「どこが嘘なのでしょうか??」と書かれていましたが、これは「嘘」ではないのでしょうか?

少なくとも私の判断では、「敵」(自分と対立する人々をアンチの方々はこう呼びます)を欺く為の「作り話」も明らかな「故意の嘘」に該当し、このブログの「故意に嘘を書かない」というルールに反します。よって、こういう内容のことは、私はこのブログには書かないことにしています。なぜなら、これは自らブログの信憑性を下げることになるからです。

>証拠がある話ではないので、
>私もあまり記事では明言できませんが、
>
>例え証拠が無かろうが、
>ここまであからさまであれば、
>頭の切れる人は即座に連中の汚い手口は見抜けるかと思いますので、
>
>あえてあまり細かいことは申し上げません。

パパさんは、「明言できません」とか「細かいことは申し上げません」と前置きしておきながら、いつものように、「証拠」がなくても「明言」のオンパレードだし、細かいことまでしつこく書かれておられますよね。

しかも、「殆どの句読点で1回以上の改行をする」という改行だらけの「改行上げ底文章」は、携帯で読むと大変な「スクロール地獄」になっているでしょうね。まあ、モバイル対応ブログといっても、現実は「何とか読めないことはない」と言えるぐらいです。特に、1つの記事にコメントが集中している「コメントコーナー」などは、携帯電話で読めるかどうかも怪しいですね。

>実質今のカテゴリというものは、
>私も長い間自分の身を置いているカテゴリなので
>傾向はよく知っているのですが、

今回、その「長い間自分の身を置いているカテゴリ」をあっさり捨てて、別のカテゴリへ「逃げた」ということですか?それにしても、性懲りも無く「子育て日記」カテゴリですか?以前、このカテゴリに移られた時も書きましたが、パパさんのブログの、どこが「子育て日記」なのですか?

>超人気ブログ『きっこのブログ』さんが存在するからこその、
>アクセス過多なカテゴリになっていまして、
>正直に言うと「きっこのブログさんに依存したカテゴリ」になっています。

なるほど、それで、やっと「子育て日記」を選んだ理由が判りました。今度は、プロの漫画家である松本ぷりっつさんの超人気ブログ『うちの3姉妹~マンガで見る今日の出来事~』の読者を誘導してしまおうと考えたわけですね?

実際、独身である私も、よく3姉妹の漫画を見てほのぼのとさせていただいており、またコミックも買いましたが、3姉妹ファンの1人としても再度言わせていただきます。パパさんのブログは明らかに「子育て日記」ではありません。「子育て日記」に、パパさんのブログのような殺伐とした内容のブログを登録するのはやめていただきたい。そして、私と同じように感じている方は多いはずです。

パパさんは、本当は、御自分でも「子育て日記」はカテゴリ違いだとお判りになっているはずです。ランキングポイントを少しでも上げたいという、御自分の目先の利益ばかり考えずに、もっと誠実で正しい行動を取るべきではないでしょうか?それとも、私のこの主張も単なる妨害工作とみなし、聞こえないふりでスルーですか?

>それがこのところのカテゴリ内の票数の異常な増加。
>これを見てもらえれば、一目瞭然。
>この法則を大きく覆した、
>極めて不自然な増加になっているわけです。

スネ~クさんの爆笑日記『泣かぬなら殺してしまえホトトギス』のことですよね?そのブログが突然上位になったのがおかしいですか?パパさんもコメントコーナーで指摘されていた方も、データの意味がまるで判っていないのではないですか?

よく考えてみればすぐに判ることです。パパさんのブログは「子育て日記」カテゴリで突然2位になりましたが、これと同じ現象ですね。すなわち、そのブログが「カテゴリを変更した」か、「ランキングポイントの分配率を変えた」のが理由なのです。

もちろん、「ランキングポイントが突然異常に増えた」というのも誤解です。突然増えたのなら、「月間IN」を「週間IN」で割ると小さな値になるはずです。例えばこれが2になれば、この1週間で1ヶ月のクリック数の半分を稼いでいることになり、非常に増えたと言えるでしょう。でも、実際は4前後となるので、ちょっと増えた程度しか変化していないのです。

こういう事実に本当に気付かないのか、気付かないフリをしているのかは判りませんが、とにかく、読者には確認ができないアクセス解析のデータまで持ち出したりして、見当違いの「法則」というものを作り出し、ありもしない被害を強く訴えるパパさんには、開いた口がふさがりません。

>その仕掛けというのは、
>『コメントの数』です。

どんな凄い仕掛けかと思ったら、そんなことですか?コメントの数など、管理者であれば自分でダミーメッセージ書いていくらでも増やせるので、どうとでもなる以上、何の意味もないでしょう。また、反映されなかったメッセージが全部嫌がらせだったわけではなく、パパさんに賛同される方の真っ当な意見も含まれているはずですよね?

>つまりは、2ちゃんねるの工作で持ち上げられたブログがあった場合、
>その票数の増加に比例して、
>このブログのコメント数も増加する。
>
>そういう物差しが仕込んであったわけです。

その「物差し」で何が計れたわけですか?そもそも、これは、「一般2ちゃんねらーがそのブログへ投票するよう仕向けた」という意味ですね?私はてっきり、「2ちゃんねる運営陣がproxyなどを使って1人で大量に投票した」と考えておられるのかと思っていました。

いずれにせよ、今回は、上で書いたように「工作」があったとは思えないので、ランキングとは全く関係なく、たまたま訪れてコメントコーナーに落書きをしていった「2ちゃんねらー」の足跡を数えることになっただけでしょう。

>それまで『プロ固定』の存在についても半信半疑だった方々に、
>『具体的な根拠』を生で実感してもらうことができ、

一体、どの部分に「プロ固定」の存在の「具体的な根拠」があるのでしょうか?例えば、その「批判ブログ」の管理人が「プロ固定」であると仰るのなら、「2ちゃんねる運営陣」と無関係な「単なる2ちゃんねらー」ではなくて、「プロ固定」だと判断できる理由をお聞かせください。いや、「2ちゃんねる運営陣」であると判断できる理由でもいいですよ。

「お金が絡まないと批判ブログまで立ち上げる人はいない」とでも仰るのなら話は簡単です。この私がその反例です。いや、むしろ、無駄な時間を費やしているのだから、「時は金なり」と考えれば、稼ぐどころか大損をしているのかもしれません。

>これは以前の編集合戦にもあったのですが、
>このブログのことが紹介され、
>「2ch非難はこれだけ顕著になってきている」という
>発言が出てくる局面もありました。

「Wikipedia:ウィキペディアは何でないか」をお読みいただければ、その「発言」の不適切さが判ると思います。そして、その論議の場で、明らかな「脅し・暴言」を吐く人々が何人かおられましたが、場所をわきまえない彼らは皆さんアンチの方々でしたね。

>Wikipedia-2ちゃんねるにもこのブログは幾度と無く、
>外部リンクに加えられては削除され、
>ということが行われてきましたが、
>是非このブログを再度掲載されるべく、
>そして本当に公正なネット辞典として機能すべく、
>一般のウィキペディアンの方々には頑張ってもらいたいところです。

前にも書きましたが、何故、いつも他人任せなのでしょうか?記述が公平でないと思うのなら、御自分でやればいいのです。ただし、NHKの番組のリンクに載らなかった理由と同じで、パパさんのブログも明らかに公平でないし、信憑性に関する疑問点も記事の数に比例して非常に多いので難しいと思いますが。

>2ちゃんねるという『ネット犯罪の伏魔殿』が、
>だんだんだんだん、追い込まれていることを感じずにはいられません。

何ヶ月も前から、ずっと同じようなことを仰ってますね。そろそろ、パパさんに賛同されている方々も、この手の説明は「オオカミが来た!」状態になってしまっていて、「またその話か」と内心では思っておられるのではないでしょうか?私は、この話を聞く度に、パパさん御自身が追い込まれているのではと感じます。



「不正ランキング投票」などなかったと思う方、クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

人気BlogRankingバナー

スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/22 07:07】 | #[ 編集]
【2006/12/22 07:07】のコメントの方へ
お久し振りのコメントありがとうございます。

何だか凄すぎますね、「○○に一日で三連続○○る」とは。
これで数年分の不幸を使い果たしたので、数年の間は幸福が訪れると信じましょう。
ただ、これが数学の問題なら、ルーレットで3回連続「黒」が来ても、その後の「赤」が来る確率は、やはり相変わらず五分五分なんですけどね・・・と、自分で裏切ってどうするんだ。

冗談はさておき、「2ちゃんがなくなった後」の予想図ですが、私は、そのことを、今すぐアンチの方々は開始すべきだと思っています。
それを強く思ったのは、先日のNHKの番組で、ある方が仰った言葉を聞いたからです。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、目から鱗が落ちる思いがしました。

こういう方向なら、今のような怪しげな「カルト宗教ブログ」に、あることないこと書く必要もないし、もしかすると、一部の「2ちゃんねらー」の賛同さえ得られるのではないかと感じました。
やはり、あくまでも「自分達で」という点が重要なんじゃないかな?
ただ、これを無理だと最初から諦めていて、やろうとさえしないのなら、所詮、アンチの活動力ってその程度のものだったということでしょう。
【2006/12/22 21:14】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]
頑張ってー
毒男さんの記事はいつもわたし自身が感じていたことばかりで
驚かされるばかりです。終盤の「パパさんが追い込まれて~」のところなんかは
全くもって同意見です。
パパさんは自分がアンチの筆頭、自分は目立つから集中砲火にあっている 的なことを
よく書かれていますがその割には能動的な行動はほとんどされないなというのも
前々から思っていたところです。情報も殆ど全て外部リンク、外部ソースですし
自分の愚痴を大衆にみせて喜んでいるようにしかみえません。
コメント欄に関しても同感です。何の被害にあったのか知りませんが
特定の個人を指し示してないだけであれは明らかな暴言、誹謗中傷だと思いました。

忙しいようですがこれからも誠実な記事を期待してます^^
【2006/12/23 19:53】 URL | (´・ω・`) #aEmTB4nk[ 編集]

まさかあんなありえないカテゴリー変更するとは思わなかったです。
こじつけや論理性の浅さは今に始まったことじゃないし。
本当に言葉を失うくらい周りが見えてないというか常識が無いというか。
どうにかならないものですかね・・・。
彼はVIPにあのブログのスレッドを立てても飽きられてて
話題にすらならないという現状を知らないんでしょうかね。

2ちゃんねるが無くなった後はどうなるんでしょう・・・。
【2006/12/24 01:21】 URL | Old Fashioned #-[ 編集]
(´・ω・`)さんへ
激励のコメントありがとうございます。

私が書く程度のことは、ある程度ネットを使われておられる方なら感じることだと思います。
アンチの方々は、「敵の言い分は皆同じだ」と仰りますが、それは、マニュアルに沿って同じことを言っているわけではなくて、各自が当然持つ意見を言っているだけに過ぎませんね。

ところで、パパさんのブログが「カルト宗教ブログ」に見えてならないのは、実は、コメントコーナーが原因だと思います。
そして、コメントコーナーがカオス状態になったのは、パパさんの承認基準に問題があるからでしょう。
特に、2ちゃんねらーによる「暴言・誹謗中傷」は批判するくせに、自分達の2ちゃんねらーに対する「暴言・誹謗中傷」は推奨しているようですから。
いっそのこと、コメントコーナーは閉鎖した方がブログのためには正しいでしょうね。
【2006/12/24 13:57】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

こんばんわ初めまして。
こちらで書かれている通り
パパさんのブログが移動しているのに驚きました;
あのブログは子育てってカテゴリーじゃないと思うのですが;;

パパさんのブログlコメントコーナーは本当にカオス状態ですね;
コメントを書き込んでも内容が反映されません;;アンチ内容なら承認される感じです。
内容はスネークさんの所の批判コメントに対してのコメントだったんですけどね;

パパさんの所の記事に疑問を感じているので、できるだけ1日1クリックさせて頂きます

【2006/12/24 21:21】 URL | 来年頑張る #-[ 編集]
Old Fashioned さんへ
いつもコメントありがとうございます。

今回のパパさんのカテゴリ変更ですが、カテゴリの無関係さもさることながら、突然、今までのカテゴリをなしにして、別のカテゴリに変えてしまうことも問題だと思います。
しかも、パパさんが記事にも書かれていましたが、他の超人気ブログに「ヒル」のように吸い付いて、読者を誘導する目的での「カテゴリ選択」であることは明白です。
つまり、ブログに合うカテゴリかどうかは二の次で、「1位に超人気ブログがあって、2位に入れるカテゴリ」という基準で選んいるとしか思えないのです。

パパさんは、記事の中で、表向きは「論理」より「感情・倫理」が重んじられているように見えますが、上記のような実際の行動では、明らかに「感情・倫理」よりも「論理」が重んじられ、冷静なイメージが感じられます。
もしかしたら、後者が本当のパパさんで、「2ちゃんねる被害」や「その被害者達」は、単に、記事で「2ちゃんねる」を批判するための「ネタ・道具」に過ぎないと考えておられるのかもしれません。
以前、「被害拡大の恐れ」よりも「2ちゃんねる批判」を優先し、パパさんが記事になさったある事件の時も、同じ事を考えたことを付け加えておきます。
【2006/12/25 01:45】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

今回のコメントはお久しぶりです(笑)。
管理者にだけ表示で記事とは関係ない世間話をたくさん書いてましたからね~。
内容のわからないコメントはほとんど私の世間話かと・・・。
暇な現代人さんのことを自称高校生と疑う人もいますが、独身男さんのお返事は本当に大人で、暇な現代人さんは私にはやっぱり頭が良くて文がうまい高校生ですよ。

私もパパさんが外から記事を書いているというのに疑問を持っていました。
外回りでよっぽどの暇な営業職じゃないとできないんじゃないでしょうか。
それに本当にご家族があるなら、そういうお金の無駄遣いはしないのではないかと・・・。
随分前にテレビでお父さんのお小遣いの内情を見ましたが、結構きつそうで贅沢している余裕はなかったですよ。

ここしばらくクリスマスのケーキや料理の手作りで忙しくてネットをする暇がなかったんですが、ランクも同じでホッとしました。
しかし料理は難しいですね。
本の通りに作ればおいしいですが、油分・塩分・糖分をカットしておいしく作るにはたくさん工夫が必要なんですよね。
ケーキもさっぱりと甘くないのができましたが、スポンジがお店のと比べるとパサパサしてるので悩んでます。
将来結婚したら料理もうまく作れないと旦那さんになる人がかわいそうだし浮気されてしまうので、外見ばかり構ってないで体にいい料理の勉強も頑張っていますよ。
「この女以外考えられない!」と思われるには性格の相性だけでは無理だなあと思うので。
【2006/12/25 02:23】 URL | Merlin #-[ 編集]
来年頑張る さんへ
コメントありがとうございます。

私は、前回、「子育て日記」カテゴリに移って、短い間にまた他へカテゴリ変更をされた時、てっきり、blogランキング側から警告が来たから変更したのだと思ってました。
でも、今回、また「子育て日記」へ移られたということは、警告はなかったのでしょうか?

もしも、警告があったのに再度の変更をしたのなら、パパさんはblogランキングをなめすぎでしょう。
前回の「バナーサイズ違反」の時はポイント停止という甘い措置でしたが、2度目となると、前科があって悪質ということになるでしょうから、やはり、登録抹消ではないでしょうか?
万一、そうなった時は、「2ちゃんねる側の卑怯な手段で」とか「人気blogランキングも2ちゃんねると関係が」とか言って、御自分の違反は棚に上げて、また他人のせいにするのだけはやめて欲しいですね。

さて、コメントコーナーがカオス状態になったのは、パパさんの承認基準が問題だと前回書きましたが、他にも、コメントを書く人の問題があります。
もし、法的に問題のあるコメントが表示されると、書いた人は勿論ですが、管理者であるパパさんにも管理責任が発生します。
もちろん、「FC2ブログ」においても、書かれたコメントは、管理者が書いたのと同様の適用を受けることになっていて、やはり、管理者が責任を負わされることになります。
そのことが本当に判っているなら、絶対に書けないようなコメント内容が多いですよね。
【2006/12/25 03:05】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]
Merlinさんへ
いつもコメントありがとうございます。
もちろん、内緒の世間話もありがとうございます。

私の言葉が「大人」かどうかは疑問ですが、できるだけ「冷静」に物事を見るようには心がけてます。
アンチの方は、それを「血も涙もない氷のような冷たさ」と表現されますが、それは、「敵」だからこそ、あえて感じの悪い表現を使っているのは明白です。
同じアンチの方が同様な態度をとったなら、それは「冷静」ということらしいですから。

暇な現代人さんが高校生というのを疑っている方は、多分、高校生の時に余りにも未熟だった御自分と比較しておられるのではないでしょうか?
先日のNHKの番組でも、男子高校生の方がネットを通じて出られていましたが、姿や声は別として、話の内容は非常に大人っぽく立派なものだったじゃありませんか?
結局、「自分がそうだ(そうだった)から他人もそうに違いない」と考える、アンチの方々お得意のパターンですね。

また、それ以前に、高校生だと嘘をつくことによるメリットはあるのでしょうか?
多少おかしな事を書いても、「高校生の言うことだから」と大目に見て貰える?
そんなことはありませんね。
実際は全く逆で、「高校生って嘘なんじゃないか?」と疑われるだけで、何のメリットもないようです。

クリスマスケーキや料理を手作りですか、いいですね。
私はチョコレートに目がないもので、今年も近所のパン屋で生チョコのクリスマスケーキを買って、家族と食べました。
生クリームも捨てがたいのですが、やはり、第一志望は生チョコで決定ですね。
遂に、今日で全部なくなったのですが、割合的には、多分6割以上は私が食べちゃったです。

奥さんが料理がうまく作れないから浮気するというのは、理由になっていませんね。
逆に、料理がうまく作れようが、やはり浮気する人はしますから。
浮気がばれて旦那がそんなことを言ったとすれば、単なる苦し紛れの言い訳でしょう。
まあ、私には、そうみなされる絶対条件すら満たしてないので、浮気は不可能ですが。
【2006/12/26 23:46】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

あーあ…2ちゃんねらが集うブログになっちゃいましたね。見ていて痛々しいです。
どうせこういう普通のコメントは「アンチ」と決め付けて表示しないんだろうけど。
他人のあげあしとりなら誰でもできます。
「2ちゃんねるの人が他人に迷惑をかけまくっている」という事実はあなたの脳内からは
きっと削除されてしまっているのですね。
【2006/12/30 14:09】 URL | もの申す #wFynTwvE[ 編集]
もの申すさんへ
批判コメントありがとうございます。

>あーあ…2ちゃんねらが集うブログになっちゃいましたね。見ていて痛々しいです。

このブログにコメントを書いて下さる方が「2ちゃんねらー」だと判断する根拠は何ですか?
また、例え「2ちゃんねらー」だとしても、「悪質2ちゃんねらー」にとっては、こんなブログの刺激の少ない記事など眼中にないと思いますので、そういう方はいないと思いますが。
それに、ここにコメントを書いて下さる方は、こちらが何も言わなくても、ある程度の節度は自主的に守っておられる方ばかりです。
一方、パパさんのコメントコーナーは、節度も皆無で、好き放題の「悪口」満載の「カオス状態」になっていて、もはや、「痛々しい」を通り越して「禍々しい」ですけどね。

>どうせこういう普通のコメントは「アンチ」と決め付けて表示しないんだろうけど。

御自分に都合の悪いコメントは承認しないというのは、パパさんの得意技です。
このブログでは、現時点まで、本人からの要請があった場合を除き、承認しなかったり削除したりしたコメントは1つとしてありません。
もし、これが、私に承認させるための「煽り」だとすれば、全くの無駄骨でしたね。
それどころか、冒頭の「あーあ」と同様に、御自分の印象を悪くするだけだったようです。

ところで、「普通のコメント」って、そのコメントがですか?
どちらかというと、「普通ではないコメント」だと思うのですが。
もしくは、文脈から言えば、「批判コメント」が正しいのではないでしょうか?
そして、その通りです、あなたを「アンチ」の方だと思いましたが、違うのですか?
もっと言うと、「このブログの記事をろくに読みもせずに、腹を立てた方のコメント」だと思いました。

>他人のあげあしとりなら誰でもできます。

単なる揚げ足取りであることが誰の目にも明らかなら、わざわざ、そのようなコメントを下さるわけないでしょう。
逆に、私は、こういった「批判コメント」を頂く度に、自分の記事もまんざら捨てたものじゃないと感じます。
もちろん、「批判コメント」は耳が痛いのも確かですが、それが、「真っ当な批判」であるのなら、耳の痛さよりも、間違いに気付いたのに正さないことの恥ずかしさの方が大きいと考え、間違いは訂正させていただきます。
ただし、今回頂いた「批判コメント」は、残念ながら「真っ当な批判」ではないと考えます。

>「2ちゃんねるの人が他人に迷惑をかけまくっている」という事実

「2ちゃんねるの人」というのは、単に「2ちゃんねらー」を指すのか、「2ちゃんねる運営陣」を指すのか、どちらでしょうか?
もし、後者だとすれば、パパさんの記事も含め、運営陣がそれらの「迷惑行為」に関与していたという証拠がありませんので、これは「事実」とは言えませんね。

ということは、恐らく、前者を指しているのでしょうが、そういった「迷惑行為」に加担した「悪質2ちゃんねらー」がいたことも認めていますし、彼らを擁護した覚えはありません。
ただし、その「迷惑行為」が一方的な被害ではない場合、例えば、「売られた喧嘩を買った」場合は、その時点で単なる喧嘩とみなし、それ以降の状況は双方に非があるものと考えます。
ですが、こういうことは過去の記事に書いていますので、まずは一通り読んだ上で批判して頂きたいものですが。

また、「2ちゃんねらーの大多数は、悪質2ちゃんねらーである」と仰るのなら、それは根拠のない勝手な思い込みに過ぎないので異議を唱えます。
そもそも、「ブログ炎上などでの悪質2ちゃんねらーによる大量の嫌がらせコメントは、同一人物による自作自演コメントが非常に多くて、実際に参加している人数は少ない」と仰っているのは、他でもないアンチの方々です。

つまり、これは、言い換えると、「一見多く見えるけれど、ブログ炎上などに参加している悪質2ちゃんねらーの人数は少ない」ということになりますよね?
それに対し、「2ちゃんねらー」全体の数は、アンチの方々の説の通り減少していると仮定しても、実際は、まだまだ、非常に多いことは間違いないのです。
しかも、人数だけじゃありません、「悪質2ちゃんねらー」が活動している板やスレッドも非常に限定されます。
結局、目立つ場所で目立つ行動を行うからこそ「悪質2ちゃんねらー」が目立つのは、至極当然のことでですね。
【2006/12/31 03:01】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

「2ちゃんねるの人が他人に迷惑をかけまくってる」
中にはそんなのがいますが、普通のブログを作っている人の中にも気にいらないからと言って反対意見のブログを荒らしに歩いている人もいますよね~。
そういう人がよくヲチ板でさらされているようですが・・・?
今日神社にお参りに行ってきましたが、人が多くてたくさん並んでいました。
並んでいた時、行列の周辺を暴走族風の吐き気をもよおすような気色悪いダサ男が歩いていて並んでいる男性にぶつかりました。
ダサ男は声を荒げて列の男性に「コラァーーー!」などと威嚇しました。
一気に並んでいる人の気分が悪くなりました。
私はダサ男の後ろ姿を見て一言「死ね」とつぶやきました。
参拝がすんで神社を見てみると似たようなダサ男どもが集っていて酒のビンがたくさん落ちていました。
また気分が悪くなりました。
来年はここに来るのはやめようと思いました。
夜中にはでっかい声で騒いで暴れて近所に迷惑かけているんでしょうか。
生理的に不愉快な外見、迷惑行為、環境汚染。
こいつら最悪ですよ。もうこの世から消え去って欲しいですね。
こんなのが殺人やったり麻薬売ったりするようになるんですよね。
本気でデスノート欲しいですよ。
これ見たらネットの世界なんて平和ですね。
【2007/01/01 23:31】 URL | Merlin #-[ 編集]
Merlinさんへ
いつもコメントありがとうございます。

当然、ネット世界にもリアル世界にも、他人に迷惑をかける人っていますよね?
ところが、アンチ信者の説によれば、「2ちゃんねる」と無関係に起きているネット犯罪などのネット上の事件も「2ちゃんねる」のせいらしいです。
それどころか、いじめなどのリアル世界での事件なども、「2ちゃんねる」のせいらしいですね。
もはや、「2ちゃんねる」が閉鎖されると、犯罪などなくなってしまう勢いですよ。
そんなバカな話を、普通の判断ができる人で、誰が信じるというのでしょうね?

>私はダサ男の後ろ姿を見て一言「死ね」とつぶやきました。

万一聞こえたら大変危険なので、『心の中心で「死ね」を叫ぶ』ぐらいでお願いします。
結構、悪口って、聞こえないと思っても聞こえたり、口の動きで何となく気付かれたりすることもありますから。
耳が遠い老人が、普通の話は全く聞こえないのに、悪口だけは不思議と聞こえていたりするのと同じです。

>本気でデスノート欲しいですよ。

ところで、「デスノート」の原作者の大場つぐみさんの正体は、ギャグマンガ家のガモウひろしさんだという説が非常に有力なようですね。
それにしても、これがもし本当だとすれば、失礼ながら、ガモウひろしさんご本人がマンガを描かれなくて本当に良かったと思います。

・DEATH NOTE - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/DEATH_NOTE
【2007/01/04 03:11】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]

頑張って下さい!応援します。
【2007/01/14 12:31】 URL | みほ #-[ 編集]
みほさんへ
応援コメントありがとうございます。
自分なりに頑張ります。
【2007/01/15 01:35】 URL | ひとりの独身男。 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひとりの独身男。

Author:ひとりの独身男。
アンチ2chの記事などへ意見を書きます
長文かつ支離滅裂な文章でごめんなさい
《 続きを読む 》 は嫌いなので使いません


↑ ↑ ↑ ↑
アンチ2chの記事に疑問を感じた方
1日1回のクリックをお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気BlogRankingバナー
人気ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。